So-net無料ブログ作成
http://torendosokuhouda.blog.so-net.ne.jp/ もご覧ください[手(チョキ)]

住宅ローン 利用後 借換 金利見直し [住宅ローン]

スポンサードリンク

住宅ローンを組んで、新しい住宅に住んで、返済していく。

実際、ほとんどの方が、このような流れだと思います。

しかし、返済していくという面には「利用後、金利を 見直し」することをおすすめします。金利の見直しとは、「今の利用を知る」ということがあります。

住宅ローンを組み際には、いろいろ金利などを調べていると思いますが、

実際、返済がスタートすれば、実際の金利はあまり気にされていないと思います。

以前紹介した、固定金利を利用していても金利の見直しはオススメです。

それは、金利は一定期間が過ぎると大きく変わっていることがあります。

基準となる金利は「長期金利」「短期金利」で違いはありますが、

どちらも、一定期間過ぎると変わっていて、利用中の金利よりも低くなっていることがあります。

その際、すぐに借換をするっていうのは待ってください

借換にはいろいろなポイントがありますので、それは次回に説明したいと思います。

しかし、借換した返済後はどうようになるのかは調べる必要があります。

ただ、自分で調べるのはすごく難しいことです。

まずは今利用している住宅ローンがどんなもので、毎月の返済はどうなっているかなどを確認する。

そして、今の金利を確認して借換をした際のどうなるか?を調べないといけません。


すごく難しいです。

しかし、これを簡単に解決してくれるサイトがあります。

それが、住宅金融支援機構のシミュレーションです。

こちらのシミュレーションは以前にも書きましたが、かなりの優れものです。

借入や借換のシミュレーションもありますので、参考にしてください。

やっぱり自分では借換のシミュレーションができないなあという方は金融機関で依頼することもできます。

しかし、注意をしないといけないことがあります。

それは「ほとんどの金融機関では同じ金融機関では借換ができない」ということです。

例えばA銀行で借入をしている。その時金利が下がっているのでA銀行では借換が出来なかった。というもの。

なぜかは「銀行の経営」を考えるとすぐに分かります。

銀行が貸し出したお金を金利が下がったから、借換とする場合、銀行にとって明らかに利息収入が少なくなることを意味します。

収入が少なくなるので、あえて借換はしません。

したがって借換をする場合には今利用している金融機関とは別の金融機関で融資を受けないといけません。

しかし、ここにもいろいろな問題もあります。

これも次回説明したいと思います。


今回はここまでになります。

くれぐれも金利が下がっているからすぐ借換をするということだけは避けてください。

いろんな問題をクリアしないといけません。


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます